芸能人の都市伝説
ヘビの生き血

ある嫁が妊娠した。姑が、お腹の子どもに良いからと妊娠が分かった時から出産するまで毎日ヘビの生き血を飲ませていた。

生まれてきた子どもは体全体の皮膚がヘビのウロコで覆われていた。結局死産だったらしいが、その子どもは医師の研究材料としてホルマリン漬けにされ、どこかの病院で保管されている。

ワイワイシー

都市伝説