芸能人の都市伝説

現在は忠犬というよりも、渋谷駅にはエサをもらいに来ているだけの馬鹿犬という話が有力になったハチ公に関する話。

当時、ハチ公を見たという人の話ではハチは虐められていたとも言われる。

渋谷で屋台を営む人にとって、有名になる以前のハチは肉を目当てに足元まとわり付く単なる野良犬同然であった。そのためハチが蹴られた回数は一度や二度ではなかったという。

そんなハチがたまたま秋田犬だったことから日本犬保存会の広告塔の役割を果たし、日本犬の存在を世に大きくアピールするきかっけとなったのはハチ公が果たした大きな業績である。

日本犬というものを認知させ保存の機運を高めたハチ公美談がなければ、今日の日本犬は居なくなっていたかもしれないと言う。

ワイワイシー

都市伝説