芸能人の都市伝説
昆虫採集

昆虫採集をする際に昆虫が豊富に採れる山梨周辺のスポットがある。そこは自然が残っており、生き物も多い。そこにまつわる怖い話がある。

大学生の昆虫マニアが一人でそのスポットで昆虫採集をしていたときのこと。日も傾き始め、霧もかかってきて視界も開けなくなってきたのでそろそろ帰ることにした。

国道の脇に車を止めておいたのでそこまで歩いていたときのこと、後ろから声を掛けられた。

「どっちに行けば街にでられますか?」

振り向くと登山者風のひげの生えた男だった。

「街は○○町側の方が近いから、この道を進んで国道に出たら左に行くと街にでますよ。」道を教えてあげた。

道を教えたは良いが街まで間では距離がある。歩いて行くつもりなのか?親切で登山者風の男に
「車に乗って行きませんか?」と声を掛けたのだが男は無視してどんどん歩いて行く。そしてあっという間に見えなくなってしまった。・・・・・・・・・・

この登山者風の男は、昆虫マニアの間で有名なその土地の幽霊で、何をするわけでもないが道を聞いてくるという。その振る舞いがあまりに生きた人間のようなので彼が幽霊だと気づかない人の方が多い。

しかし、何回かその採集スポットに通うと登山者風の男に度々出会うことになるので彼が幽霊だと気づくのだ。

そしていつも後ろから
「どっちに行けば街にでられますか?」こう声を掛けられるのだという。

ワイワイシー

都市伝説